Contact

  • 03-3518-9107

VAZ Chiropractic

お知らせ・症例報告

2019/8/8 

腰部椎間関節症候群による腰痛

腰痛

 

【 水道橋で勤める40代男性 】

3週間前から腰に刺すようなズキッとした痛みを感じだした。
普段は腰に痛みや違和感などはまったくないが、毎週末趣味でして
いる。

サッカーをやっていた時に痛みを感じるようになった。
すぐに治るだろうと放っておいたが痛みがひかず気になり、
VAZカイロプラクティックに来院。

           
         

-来院時の症状/所見-

・やや左側の腰に痛みを感じる。
・前屈は痛みがさほど出ないが体を反らすと刺すような痛みが出る。
・普段は腰の不調はない。
・整形には行っていない。



-施術後の経過-
初回の施術のみで痛みは全て消失。

施術直後から痛みを感じることはなくなり、2回目以降は痛みが出た
原因部位である股関節・骨盤を中心に施術を行った。

3回目からはメンテナンスに移行し月に一度施術を行っている。

-コメント-


この方の腰には椎間関節症候群がみられた。

うつぶせの状態から下部腰椎の関節を後ろから圧迫することにより症状の誘発がみられる。一部に限局した刺すような痛みが現れる。


椎間関節障害はカイロプラクティックが最も得意とする症状で、腰椎の4番5番の関節に機能障害が出ていた。形状などの異常で起こるものではなく、あくまで機能障害であるため、本来の機能をとりもどしてあげることで症状が緩和する。


腰椎の矯正を適切に行うことにより痛みから解放され、関節可動域も正常に保たれる。